Look for my way ~自分だけの道を探して~(現在受験中)

基本的には普通の高校生でたまに小説を書いたりする僕が、日々の生活を振り返って、嬉しかったことや心に残ったことを忘れないようにしようと思ってこのブログを書いているんだ。つまらないかもしれないけど、もしよかったら見ていってほしい。


スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の心に触れ、己の糧とせよ。 汝その一瞬一瞬を見逃すことなかれ

2008-04-26-Sat-23:29
こんばんは、皆さんお久しぶりです。
記事を書くたびに久しぶりって書いているのは内緒いやはや…前回の記事で更新頻度を上げるとか言っていたのにこの有様…申し訳ない限りです。
ちょっとこの2週間は総合体育大会やテストや打ち上げとかでいろいろと立て込んでいて書けなかったんです。
いや、完ッ全に言い訳ですけどね( ´_ヽ`)

それはそうと、テンプレートとタイトルのところの説明文とかプロフィールとか変わったのに気がつきました?
ちょっとイメージチェンジというか、僕が何を目的にこのブログを書いていくのかを再確認…ってことで、ちょっとカッコつけたような内容ですけどこういう風にしてみました。
ん?文が臭すぎてきもい?
知るかヴォケ(゚д゚#)すみませんが、ご了承ください(´∀`;)スミマセン
ってことで、前置きはここら辺までということで本題に移りましょう!


えと、まずクラス替えがあったということは前回話しましたよね?
で、クラスで親睦を深めよう…ということで、「親睦会」なるものに参加してきました。
…まぁ、普通にご飯食べてボーリングしてきただけなんですけどね。

ちなみに場所はサイゼリアでした。
その時の状況は…うん。
なんというか すごく居づらかった です。
理由の前に、まずは状況の説明が先ですよね、はい。

えっと、サイゼリアに入った時点で、どのような席にしようか、という話になり、様々な協議の結果、男女が向い合せに座ることになったんdす。
皆さんも知っているとおり、僕はあまり女子と話すのが得意ではないのです。
なので…なかなか話に入れなかったり、場の空気になじめなかったりで…まぁ、内心くたくた状態でしたね、ええ。
そんな僕を見かねたのでしょうか、それとも単なるいたずらだったんでしょうか。
何を思ったかその場にいた一人のクラスメートが僕の料理にタバスコをかけたんです、大量に。(ちなみに料理はカルボナーラ)
僕はタバスコを食べたことがなかったので、正直食べるのはよそうかと思ったのですが・・・

…なんでこんなに視線が集まってるの…?(゚д゚;)

と、いった状態に陥ってしまい、食べる羽目になってしまいました。
まぁ、食べました。
最初のうちは全然平気で、むしろおいしいと思いました。
「何これ余裕じゃん」とかその瞬間は思いました。









しかし、僕は甘かったのです。









次の瞬間突如僕の口内は一気にヒートアップ、一瞬にして僕の余裕はなくなってしまいました。
まぁ、顔には出なかったみたいなので「あれ?よく耐えられたねー」とか女子から言われましたが。
それがきっかけになったのか、少しずつ会話にも混ざることができたりしてそれなりに楽しかったです。
しかし、まさかこんな形でタバスコ初体験をするとは…人生わかりませんね。



まぁ、そんな感じでその後ボーリングへ。

今度はチーム編成とやらで協議したのち、男女混合チームでバトルをする、ということになってしまいました。
一番負けたチームは一番勝ったチームにアイスを奢る という条件付きです。
負けられない・・・負けられないのですが・・・

僕は、ボーリングが苦手なのです。
「まずい…チームに迷惑かける…」とか思いました。

そんな僕には構わずすぐに勝負開始。
チームは仲のいい男子2名、前一緒のクラスで周りから可愛いといわれていた女子と知らない女子2名という5人チームでした。
しかも第一投は僕という。
これなんていじめwwwwwwwww的な状況でした。
「あー…死んだな、この1年間もヘタレという認識で始まるのか…」という思いで投げました。

しかし…

まさかのストライク


一気にチームは勢いづき、全員とハイタッチ
これなら勝てる!!!!とか調子に乗りました、すみませn。
いやはや、何が起こるかはわからないものです。

で、結局スコアは120。
他の男子2名はそれぞれ58、59 女子は98、74といった感じです。

これなら勝てる――――――と思ったんですが・・・
ほかのチームには惨敗…。
結局アイスを奢るはめになってしまいました。

このとき、おごる相手のチームが4人だったので、どうしようかと少し考えることになりました。
とりあえず、勝ったチームに待たせるといけないので男子3人でさっさと購入、僕が二人分のお金をとりあえず払っておき、後からお金を女子から受け取る、という形にしました。
このとき僕は「どうせ女子はうま~くうやむやにしそうだな」とか思っていました。
そんな僕に後ろから女子2名は声をかけてきました。
「お金の方はどうした?」と。
とりあえず僕らがささっと買っておいた趣旨を伝えると、彼女たちは
「じゃあ、○○円あよね、はい」
と言って僕に一人が負担する分のお金を差し出してきました。
「踏み倒される」というのを前提に考えていた僕はとっさのことだったので
「いいよ、これくらいはおごりで」とパシリ(?)の王道のようなことを言ってしまいました。
言ってしまってから「しまった~…。」と思っていると、女子は
「そんなのだめだよ、こういうことはちゃんとしなくちゃ!」と言って僕にお金を渡し、ささっと女子の輪の中に戻って行きました。

なぜか僕は、その何気ない行動がうれしかった。
当たり前のこと。
そう、普通ならそういうことをっちゃんとすることは当たり前のことなんですが、僕はとてもうれしかった。

僕は、女子という存在に対して勝手な偏見を持っていました。
「女子はお金関係のことを男子任せにしてうやむやにする。」
どう考えても小説や漫画の読みすぎです、本当にありがとうございました。
今思えば、相手を馬鹿にして、軽んじていたんでしょうね。
僕は最低です。

しかし、そんなことにも気がつけたことに、感謝です。本当に。


と、まぁ、そんなことがあってすぐにお開きとなりました。
何気ないことだったけど、いろいろなことに気がつけた。(ここには書いてませんけど)
行ってよかった、と。
初めて思えた集まりでした。





さて、次

冒頭で総合体育大会があった、と言いましたよね?
僕が所属している「卓球部」の大会は他の部と比べてとても速いんです。
地区予選が4月中、県大会が6月、関東が7月。
だから、下手すると4月の時点で3年生は引退、すぐさま受験勉強という状況になってしまうのです。

今回やったのは地区予選で、これにはシングルス、ダブルス、団体戦、とあります。
僕が出たのはシングルスとダブルスでした。
あとは、ベンチですが団体戦にも参加しました。

結果の方はシングルス、ダブルスは2回戦敗退。
団体戦の方は県大会出場といった感じです。

なんというか、すごい気迫でした。
三年生は負ければもう引退。
負けるわけにはいかない。
それ故でしょうか、練習のときなんかよりずっと強い気がしました、このときの先輩達は。
いつもは僕が勝てたり、勝ちそうになったりする感じなのですが・・・。
このときばかりはまったく勝てる気がしない。
そんな感じでした。

シングルスで負けた相手も3年生。
僕とその相手の勝負はセット数2-2 得点9-9といったところまでいった接戦でした。
次のプレイで3年生の打った球がネットにあたり、こちらのコートにネットイン。
その次で今度は打った球がこちらのコートの角にあたってしまい、変則的に伸びてくる球を僕が処理できるはずもなく、相手の得点。
僕は負けてしまいました。
あと一歩…あと一歩だったのに。
試合が終わったあと、僕はずっと悔しさをかみしめていました。
しかし、それと同時に悟りました。
これが、3年生の意地なのだ、と。
負け惜しみです、敗者の情けない考えです。
でも、いつもの僕ならそんなこと考えず、とにかくずっと落ち込んでいました。
しかし、その時だけは負けた相手に「頑張ってください」と心の中で言えました。

なんというか、いろんなものを悟った。
最後の大会にかける「気迫」に触れた。
「3年の意地」に触れた。
そんな、僕にとって、忘れられない大会となりました。

僕も、来年の今頃、先輩達のように「3年の意地」を通せるような、そんな選手になっていきたい。
そう、思いました。





さて、ここまでいろいろ話しましたけど、そろそろお別れの時間です。
ちなみに、ここまでの文を書きあげるのに1時間かかりました(‐_‐;)
前なら30分もあれば書き上げられたのに…やはり、完全になまってますね。
少しずつ、少しずつだけど、また自分の思ったこと、感じた事をしっかりとした文で書いていこう。
書いていて最後にそう思った額良でした。

それではみなさん、またあいましょう。




今日の迷言 
「汝、人を決めつけることなかれ、偏見を持つことなかれ」


続きはコメント返信です!
 

黒猫さんへ

う~ん、いい人かどうかはわからないけど、仲良くやっていけそうな人たちだよ。
なんというか、安心してるよ、うん。

性格のほうは確かにそうだね。
人に判断してもらうことで自分で判断するものじゃない、か。
ちょっと忘れていたかな。


黒姉さんへ

ふ~む・・・物の本質・・・か。
そうであるかどうかは僕にも分らないけど、そうであってほしいものです、本当に。

というかあなたも男女しってましたかwwwwww
もうこれはメイプルで男女の絵を描くしかないでしょう!
…え?僕の絵は下手だろと・・・?
・・・・・すみません自重します(-_-;)


嵐さんへ

求)☆の彼方まで飛ばせる猛者

とりあえず、今をエンジョイ、確かにそうだね。
ただ、エンジョイし過ぎて勉強が炎上(ギャグじゃないよ、ホントダヨ?)しないようにしないとね(-_-;)
ってことで炎上!…じゃなくてエンジョイしてくるよ!いろいろと!
スポンサーサイト

COMMENT



2008-04-27-Sun-14:07
なんか・・・・・・いつもより記事面白かたwww

あれだな。偏見に若干同意(ぉぃ


やっぱ、無理にネタ探すより何か遊んだことを聞く方がよっぽど好きだなb

更新頑張ってくらさいww

こんにちは

2008-04-27-Sun-22:06
はじめまして 気になったのでコメント残しました
よかったら私のブログも見てください

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。