Look for my way ~自分だけの道を探して~(現在受験中)

基本的には普通の高校生でたまに小説を書いたりする僕が、日々の生活を振り返って、嬉しかったことや心に残ったことを忘れないようにしようと思ってこのブログを書いているんだ。つまらないかもしれないけど、もしよかったら見ていってほしい。


スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの挑戦の終了、そしてもう一つの挑戦の始まり

2009-06-13-Sat-23:13
まぁまずはコメント返信から、これ鉄則

>>フィルノアさんへ

年上…いいですよね!
いや、私の場合は男なのでそれはそれで情けないのかもしれませんが(
あれですよ、もたれかかっても包んでくれるような包容力とかがたまらんのですよ、たぶん。
でも、逆にもたれかかられてそれを支えるって言うのもなかなか捨てがたいわけで…

…やっぱ私は雑食っぽいです、はい。


>>あきとへ

ふむ、そうだったのか、私は肉食だったのか!
ってんなわけあるかーい(
だって私には「積極的」になるだけの度胸がまだ少し足りないっぽいからね。
とりあえず今のところはちゅうぶらりんになった微妙な感情をもてあまして、冬が通り過ぎるのを待つだけさ。

>>姉さんへ

そうか、私はがちほもだったのか。
よし、良いこと思いついた、ちょっと男子トイレに一緒に行きましょうか。
…っていうのは冗談です。
あれですよ、好みを言うこと自体はきっと簡単なんでしょうけど問題はそれが受け入れられるかどうかなのかも知れません。
でも、個人の中にある大切なものなのでないがしろにする人はどうかと思いますけどね。

そして、マンガとか物語って必ずモデルが存在するはず。
つまり私達がマンガチックと割り切っているものはもしかしたら存在するのかもしれないということです



…どう見ても末期です、本当に(ry



コメ返終了!本編へGO!





高~2のとき~
ふらーーれたことーー
いま~も~た~まに~~ゆめ~に~み~~~てい~~~~~る~~~

と、おはようございますこんにちはこんばんは、額良です。
上のやつは最近ハマっている替え歌の歌詞です、深い意味はありません。
なら書くなって?
書きたいことを書く、それが私クオリティ。

まぁ、ブログに求められるのは書きたいことを書く記事じゃなくて他人が読みたくなる文章らしいですけど。
でもそんなの関係ねぇ!

つーわけで今回も暴走全開の額良がお送りします。




えーっと今週は…全国高校卓球大会県予選
つまり、通称「県大会」と呼ばれる負けたら最後の大会に行ってきました。
私はちょっと家庭の事情で、大会の2週間前から部活動には出れていなかったので、応援をするつもりで参加したのですが、顧問の先生に
「額良、お前には出てもらうぞ」
と、いわれ、出ることのなりました。
本当にいいのだろうか、と自分の中でだいぶ葛藤したんですが、そんな僕の背中をメンバーの仲間たちが押してくれました。
「お前が出なきゃ誰が出るんだ。俺達はお前の頑張りを知っている」と。
マンガにしかありえなそうな言葉です。
普段クールで現実主義のやつらだったので、驚きました。
不思議と胸が熱くなり、こいつらと一緒にもっと卓球をやっていたいと、そう思ってしまいました。

そんなわけで必死で頑張ってみたんですが、なかなか人生そううまくはいかないようで、結果は惜しい敗北でした。

悔しいです
すごく悔しいです
めっちゃくやしいです。

あいつらの期待にこたえたかった。
先生から受けた恩を勝利という形で返したかった。

今いる部の仲間全員に、示したかった。
努力すれば才能などなくても結果は出せると。
一心に頑張ることは、決してかっこの悪いことではないと。
公立高校でも、戦い方次第で私立の強豪と戦える、と。


まぁ、ぜ~んぶ激甘な理想として終わってしまいましたがね(汗


すべてが終わった後顧問の先生に言われました
「お前は実績としては残念ながら残すことはできなかった。
変わった戦型で何一つ前例がない普通じゃあり得ない中での挑戦だった。
だけど、練習試合を通してお前は必死に関東や全国レベルの選手と競り合うだけの力は見せてた。
きっとお前はいろんな奴の記憶に残る選手だったと思うよ」と。


私自身、それだけたいそうなことができたとは思っていません。
慰めというか、きれいに終わらせるために言われたという風に受け取るのが一般的なのかもしれません。

でも、もし先生の言っていたことが本当だとしたら。
少しは、私が卓球をやっていたことにも、意味があったのかもしれませんね。

初志を貫徹できるだけの忍耐力、目標のために頑張れるだけの行動力も付いた。
自分自身に対する自信もついた。

これらは別に他のものでもついたのかもしれませんけどね。

でも、私はこの2年と半分、勉強そっちのけで部活に打ち込んだことを、少しも後悔はしていません。
自分で選択して、最後まで貫けたのですから。
こんなヘタレで弱い私でも、最後まで勝負の世界に生きることができたのですから。






さて、次は受験勉強だ。
最初から本気を出して突っ走ろうか。




なんかきれいにおわらそうとするつもりなんてないつもりなのに、センチメンタル気取ったような記事書いちゃってすみません。
次からは自粛して、面白おかしい記事を書きますね。

それじゃあ皆さん、また会いましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



2009-06-16-Tue-14:15
うほ 覚えていますか?
以前友ロクしていた私を・・
最近復帰してまだHPあるのかなと思って検索してみたらこのブログに・・・
覚えてくれていたらうれしいです・・

Re: タイトルなし

2009-06-16-Tue-20:38


おお!神様!(覚えてます?この呼び方(汗

最近復帰したんですか…よかったよかった
忘れたりはしてないですよ

ホームページは消してしまいましたが、こちらはまだまだ続けていくので、もしよかったら見に来てくださいね。

あ、ちなみに私は今仮引退中です。
大学受験が終わったら復帰するので、そのときにまた会いましょう!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。